« 百貨店は文化発信装置だった! | トップページ | 米綿の需要増進に日本は重要なパートナー »

2013年5月 9日 (木)

「コットンUSAアワード2013」発表会

  恒例の「コットンの日」のイベント、「コットンUSAアワード2013」発表会が、9日、東京・恵比寿で開催されました。

 「コットンの日」は5月10日。語呂合わせもあって1995年に記念日として制定され、以来CCI国際綿花評議会では毎年イベントを実施しています。大阪で行われていたのが、東京に移り「コットンUSAアワード」発表会となって、今年で10年という節目の年を迎えています。

Cimg38861jpg_2  発表会では、まず第15回Tシャツデザインコンテストのグランプリを受賞した曲山賢治さんが表彰されました。作品のテーマは「コットン仲間」で、「コットンの仲間はやさしい。これを機に、妻をやさしく大切にしたい」とおっしゃったのが微笑ましかったです。


1  次に2013コットンUSAマーク・キャンペーンでキャンペーン・キャラクターに就任した女優の堀北真希さんが登壇。イメージアイコンの“わーたん”を抱えて、コットンのドレスをすっきりと着こなした姿が、眩しくさわやかでした。「“わーたん”は見ていて癒されますし、抱くとふかふかで大好き」とか。

 そしていよいよアワードの発表です。今回は、キャンペーンテーマ「コットンといきている」に合わせ、「コットンといきる人」にぴったりな大物セレブリティ、米倉涼子さんと石田純一・東尾理子夫妻(長男理汰郎くん)に贈られました。
 
 米倉涼子さんは、白いコットンのシャツにミニスカートの颯爽としたスタイルで登場。テレビで見るよりもずっと背が高くすらりとした美貌の持ち主で、しかも親しみやすい自然体な人柄のようです。「コットンはピュアでやさしい、心地良いイメージがあるので、大変うれしい」と率直に感想を述べていました。また“シカゴ”の舞台で稽古していたとき、「バスタオルをいつもそばに置いて、綿の肌触りで心を落ち着かせていた」といいます。

 石田純一さんは、以前タオルの店を経営されていたことがあったそうで、「綿100%の生活を提唱してきたし、ナチュラルで清潔なイメージのアワードに選ばれて光栄です」。また理子夫人は「肌にやさしいコットンが一番と思って、コットンを厳選して選んでいます」とのこと。理汰郎くんの抱っこ紐もコットンだそうです。

390764_382569428515231_1253995146_n  写真はCOTTON USA JAPAN (FACEBOOK)より。 

 今回もたくさんのメディアが取材し、カメラも殺到するなど、イベントは大成功でした。著名人効果とは、本当にスゴイと、改めて驚かされます。

|

« 百貨店は文化発信装置だった! | トップページ | 米綿の需要増進に日本は重要なパートナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

友人の購入した物でフードなしのタイプがありました。ただ、その場合は、購入時にフードが無いタイプであると分かっていて購入したみたいです。

投稿: セリーヌ | 2013年5月30日 (木) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/57356915

この記事へのトラックバック一覧です: 「コットンUSAアワード2013」発表会:

« 百貨店は文化発信装置だった! | トップページ | 米綿の需要増進に日本は重要なパートナー »