« 日本のものづくり技術とデザイナーのセンスが見事にマッチングした「スムースデイ」 | トップページ | 2014春夏米沢産地展 製品展示で素材作りの原点を訴求 »

2013年5月13日 (月)

2014春夏 栃尾テキスタイル展~伝統技術・テクノロジー・自然との融合~

 新潟県栃尾産地のテキスタイル展が、8~9日、東京・表参道で開催されました。
 
 春夏展を行うのは、16年ぶりで、旭化成とトスコが協賛しています。栃尾が得意とする「化合繊/天然素材/差別化新素材の複合」による先染めやジャカード、またストレッチなどが中心で、明るいパステルカラーが、清新な息吹を醸し出していました。
 
○山信織物              ○木豊織物
 オーガンジー・チェック        ファンシーサッカー・チェック
 綿/キュプラ/ポリエステル25   綿80/リネン/ポリウレタン1

Cimg37511    Cimg37531  
 
栃尾ニット
 特殊な丸編み機で編み立てられた、アートなジオメトリック柄や立体的な編地のものなど、クラフツマンシップを感じさせるファンシーなジャカードニットのコレクションが注目されます。
  綿97/ポリウレタン3             綿100
Cimg37461    Cimg37411

|

« 日本のものづくり技術とデザイナーのセンスが見事にマッチングした「スムースデイ」 | トップページ | 2014春夏米沢産地展 製品展示で素材作りの原点を訴求 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014春夏 栃尾テキスタイル展~伝統技術・テクノロジー・自然との融合~:

« 日本のものづくり技術とデザイナーのセンスが見事にマッチングした「スムースデイ」 | トップページ | 2014春夏米沢産地展 製品展示で素材作りの原点を訴求 »