« プリントデザインに映画「ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日」 | トップページ | “リアルよりリアル”ビスコテックスの3Dプリント »

2013年3月 2日 (土)

小松精練の重ねて楽しむ“モナリザ”プリント

 “モナリザ”は、小松精練の無水化染色技術によるデジタルプリントのブランドです。今シーズンのPVでは、テキスタイルデザイナーの梶原加奈子さんがデザインした、透けるプリント生地を二枚重ねて、表情の変化を楽しむアイディアが注目されました。

Cimg2418komatsu1  左は、チェックに見えますが、実はボーダーストライプのプリントです。よこ縞とたて縞のプリント地を二枚重ねて、大きな格子柄になるように見せかけている、トロンプロイユのデザインになっています。




Cimg2419komatsu1jpg  右は、菱形模様の上に水玉をプリントした透ける生地を重ねたもの。重ね合わせることでグラデーションのボーダー効果がより増幅されて見えます。

 透け感のある布が揺れ動くたびに、柄が変わって、着て楽しいレイヤードの提案。しかもその柄は、2014春夏のPVのコンセプト「ストライプサマー14」のミキシングを見事に反映した、ストライプやジオメトリックです。梶原さんのソフト力って、本当にすばらしい! と、またしても感銘させられました。
 

|

« プリントデザインに映画「ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日」 | トップページ | “リアルよりリアル”ビスコテックスの3Dプリント »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松精練の重ねて楽しむ“モナリザ”プリント:

« プリントデザインに映画「ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日」 | トップページ | “リアルよりリアル”ビスコテックスの3Dプリント »