« PV 2014春夏は素材感とカラーが重要 | トップページ | 「ライフ・イズ・ビューティフル」な天然複合素材 »

2013年3月16日 (土)

創造性と生産技術の融合で”Japan Made”発信

 近江織物が、若手クリエーターと協働して開催している「XbyO (エックスバイオー)」の13秋冬展が、3月13~16日、 バンタンデザイン研究所渋谷校で行われました。

 これは同社が、バンタンデザイン研究所の学生及び若いデザイナーとコラボレーションして、素材を開発し、開発生地を提供してつくられた製品を発表する場を設け、クリエィティブな才能の向上をはかり、世に送り出すことによって、”Japan Made”を発信していこうというプロジェクトです。
Cimg29111 Cimg29121jpg

 創業1856年という老舗メーカーの技術に創造性が融合し、新しい感覚の天然繊維、綿織物を中心に麻やシルク使いの織物の世界が広がっています。

 第3回目となる今回は、卒業生・在校生合わせて22名が制作したドレスやバッグなどの小物が展示され、カラフルなインクジェットプリントやジャカードが大胆にデザインされて、来場者を楽しませていました。

|

« PV 2014春夏は素材感とカラーが重要 | トップページ | 「ライフ・イズ・ビューティフル」な天然複合素材 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創造性と生産技術の融合で”Japan Made”発信:

« PV 2014春夏は素材感とカラーが重要 | トップページ | 「ライフ・イズ・ビューティフル」な天然複合素材 »