« “Fashioning Fashion 成型されるファッション”展 | トップページ | プリントデザインに映画「ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日」 »

2013年2月28日 (木)

映画「レ・ミゼラブル」を見て

 今、公開中の映画「レ・ミゼラブル」をパリで見てきました。最初はミュージカルに違和感がありましたけれど、ぐんぐん引き込まれました。最後は、感動の渦に巻き込まれ、3時間近くもあったのに、あっという間の短さに感じました。映画を見て、こういう風に思うのは久しぶりです。

 アカデミー賞でオスカーを期待していましたが、アン・ハサウェイの助演女優賞と録音賞、メイクヘアスタイリング賞の3部門の受賞にとどまり、少し残念。全編カメラの前で演技しながら実際に歌っているのを撮影したそうで、とくにアン・ハサウェイの美しい歌声には魅せられます。

 フランス革命後の大河ドラマなので、騒乱に明け暮れていた頃の歴史がわかり、コスチュームの変遷も興味深かったです。当時の男子服、ダンディと呼ばれた彼らのスタイルは、最近の女性ファッションにも影響を与えています。服飾を学ぶ学生に、ぜひおすすめしたい映画です。
 

|

« “Fashioning Fashion 成型されるファッション”展 | トップページ | プリントデザインに映画「ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レ・ミゼラブル」を見て:

« “Fashioning Fashion 成型されるファッション”展 | トップページ | プリントデザインに映画「ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日」 »