« ユニークな雑貨が面白い! | トップページ | 映画「最強のふたり」を見て »

2013年1月30日 (水)

自然への憧れをツリーハウスで

 子どもの頃、木に登ったりして遊んだものでした。NHKの大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン八重も、木登り好きだったようです。映画「スタンド・バイ・ミー」の冒頭には、少年たちがツリーハウスで遊ぶ光景が登場します。
 いつもの風景とは違う空間を求めて、人は木の上に登りたくなるのでしょう。
 先日、JFW-IFFのセミナーで、この樹上の空間、ツリーハウスをつくる第一人者といわれているツリーハウスクリエイターの小林崇氏のお話を聴きました。樹木に支えられたツリーハウスは、木が元気に生きている間だけのエフェメラルな存在ですけれど、日本全国にはすでに120棟も建っているそうです。各地の自然環境とバランスを図りながら、材料も流木を使うなど、自然に戻るものを利用しているとのことです。自然の中だけではなく、アウトドアショップをはじめ店舗ディスプレーから公共施設まで、需要は広がっているようです。
 コンクリートに囲まれた都会生活では、それだけ自然への憧れが強く、ツリーハウスは今後ますます増えてくるものと思われます。Cimg12511
 JFW-IFFの会場内に建てられたツリーハウス。

|

« ユニークな雑貨が面白い! | トップページ | 映画「最強のふたり」を見て »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/56671065

この記事へのトラックバック一覧です: 自然への憧れをツリーハウスで:

« ユニークな雑貨が面白い! | トップページ | 映画「最強のふたり」を見て »