« 災害に役立つユニバーサルデザイン(UD)ジャケット | トップページ | シニア世代の呼称 »

2013年1月16日 (水)

明るい幕開けの海島綿協会 新年賀詞交歓会

 新年恒例の西印度諸島海島綿協会の新年賀詞交歓会が、16日、日東紡八重洲ビルで開催されました。

Cimg11331_2  今年は巳年とあって、景気回復が期待される中、同協会の中西一晃理事長は、冒頭の挨拶で「初めて11月に行われる素材展プレミアムテキスタイルジャパン(PTJ)に参加する」と発表。
 「海島綿は世界一の商品、と自負する内に、いつの間にか、他の家電製品などと同様、世界の中で取り残されている、というようなことになってはいないだろうか」と疑問を投げかけ、「30年前の原点に帰って素材開発に取り組み、織物と編物で異なる糸の撚り回数を研究するなど、糸を改良しテキスタイルを工夫して、PTJに出展する。また売場再構築を推進し、マーケティングに再注力する」と述べられました。

 新たな時代の幕開けにふさわしい前向きなメッセージで、業界活性化へ向けて、大いにはずみがついたことと思います。日東紡績の南園克己社長も「厳しい状況を脱し、本当の平成の世をつくるとき。日本でスタートして四半世紀の海島綿をしっかり支えていく」と発言され、関係者一同、明るい充実した1年を祈念したことでした。

|

« 災害に役立つユニバーサルデザイン(UD)ジャケット | トップページ | シニア世代の呼称 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/56575735

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい幕開けの海島綿協会 新年賀詞交歓会:

« 災害に役立つユニバーサルデザイン(UD)ジャケット | トップページ | シニア世代の呼称 »