« ジョルジュ・ルオー「アイ・ラブ・サーカス」展 | トップページ | セーレン2013/14秋冬マテリアルショー »

2012年12月12日 (水)

シェニールハンカチのシーズングリーティング

 クリスマスが近づき、プレゼントを探しにタオル売場へ行きましたら、華やかな図柄のハンカチを見つけました。それは織物の芸術品といわれるシェニール織のハンカチです。ハンカチというとタオル地のものがたくさん出回っていますが、これほど美しい色織りのものは他にないのではないかと思います。
 シェニールとはフランス語で「毛虫」の意味。モールのような糸で織り上げた生地は、ビロードのような独特の厚みとやわらかさがあり、綿100%なのでやさしい肌ざわり、使うほど肌になじみます。

 製造しているのは、ホットマン。東京・青梅市にある国産タオルメーカーで、全国百貨店に直営店を持っています。タオル同様、シェニール織もすべての工程を青梅の自社工場で製品化しているといいます。
 シェニール織は18世紀に英国でカーペット用に開発され、19世紀にドイツに広まった織物です。本場ドイツの伝統文化を継承し、その技術を結集してつくられる同社のシェニール織は、「ドイツ生まれ、東京育ち」というにふさわしいものでしょう。
Cimg07411  売場にはハンカチだけでなく、バッグやポーチ、額絵などが販売されています。人気のバラの花などのモチーフに加え、クリスマスやお正月、桃の節句というように、季節ごとに風物を描写した図柄が、とり揃えられていますから、シーズングリーティングにぴったりな贈り物になります。価格はハンカチ2,310円。手作りであるだけにやや高めですが、価値ある一品となるでしょう。

|

« ジョルジュ・ルオー「アイ・ラブ・サーカス」展 | トップページ | セーレン2013/14秋冬マテリアルショー »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェニールハンカチのシーズングリーティング:

« ジョルジュ・ルオー「アイ・ラブ・サーカス」展 | トップページ | セーレン2013/14秋冬マテリアルショー »