« 廃棄花を再生したアクセサリー | トップページ | 高齢者向け婦人服「リラ・ヴォーグ」ファッションショー »

2012年12月16日 (日)

再生可能なバイオマス使いのキャラクターマネキン

Cimg07791jpg 「エコプロダクツ2012」で、ひときわ人目を惹いていたのが、マンガチックなキャラクターマネキンを展示していたヤマトマネキンのブースです。同社は95%バイオマス素材で成型したマネキンの製造に成功し、本展でバイオマスマネキンの新作を披露しました。

 
バイオマスは再生可能な生物由来の有機性資源で、たとえばホタテの貝殻や、砂糖きびの搾りかす、杉の木くずなどが原料になっているといいます。化石資源の使用削減に寄与し、使用後はリサイクルも可能で、焼却してもカーボンニュートラルの概念からCO2を削除します。

従来の石油系プラスチックでは化石資源を消費してしまいますし、生分解性プラスチックは耐久性が弱いのが難点だったのですが、このバイオマスプラスチックでしたら環境にやさしく、強度も十分あります。まさに画期的な素材で、今後ますます広がることでしょう。(写真:クリックで拡大)

Cimg07871  
キャラクターデザイナーでイラストレーターの吉井宏氏デザインの、頭の取り換え可能な「バブルヘッドマネキン」。

Cimg07851jpg デニムの生地が入っているウサギのヘッドマネキン。


Cimg07831jpg_2 幼稚園の園児服の切れ端を入れたヘッドマネキン。


1    

デザイナーでクリエイティブコミュニケーターの根津孝太氏がデザインした、オートバイに乗る「服を着せないマネキン」と、根津氏そっくりの「スーパーリアルマネキン」。

|

« 廃棄花を再生したアクセサリー | トップページ | 高齢者向け婦人服「リラ・ヴォーグ」ファッションショー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/56335272

この記事へのトラックバック一覧です: 再生可能なバイオマス使いのキャラクターマネキン:

« 廃棄花を再生したアクセサリー | トップページ | 高齢者向け婦人服「リラ・ヴォーグ」ファッションショー »