« 真っ赤に染まった紅葉の源氏山公園 | トップページ | 蝶理・シキボウコラボで市場拡大 »

2012年12月 3日 (月)

こだわりのカットソーニットテキスタイル

 先週、27-29日、東京・原宿で開催された「エンジニアリング・ネーション」展には、流行の変化に合わせて、小ロット・短サイクルでの生産も受注可能という、ハンドスクリーンプリントの久山染工やデニム加工の備南染工などテキスタイル加工場を中心にしたメーカー9社が出展。とくにテキスタイル開発では、沼尻テキスタイル研究所のカットソーニットが注目されました。糸にこだわる同社らしい裏毛素材をピックアップします。

 
 
 Cimg05671jpg

 フェイクファーのようなフリース裏毛  コットン59/アクリル23/ウール12/ナイロン2


Cimg05681
 光るスパークリングナイロン使いのブークレ裏毛  ナイロン60/コットン20/アクリル20


Cimg05701jpg 

 かさっとした風合いの和紙混接結      
 表リネン55/和紙45、裏コットン100

|

« 真っ赤に染まった紅葉の源氏山公園 | トップページ | 蝶理・シキボウコラボで市場拡大 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだわりのカットソーニットテキスタイル:

« 真っ赤に染まった紅葉の源氏山公園 | トップページ | 蝶理・シキボウコラボで市場拡大 »