« シェニールハンカチのシーズングリーティング | トップページ | 老化は正常―その光と影 »

2012年12月13日 (木)

セーレン2013/14秋冬マテリアルショー

 セーレンは、この5~7日、東京・南青山で2013/14秋冬マテリアルショー「On to the NEXT創造のドアを開いて」を開催しました。

 「すべては女性の美しさのために」をコンセプトに、独自のデジタルプロダクションシステム「ビスコテックス」による新作デジタルプリントが披露され、また新しい動きとしてKBセーレンとの協業による無地素材が注目されました。そのポイントは高機能合繊というだけではない審美性で、綿やモダールなどのセルロース系繊維との融合によるふんわりとした丸みのあるしなやかな風合いが人気を集めていました。
 
Cimg06931  「ビスコテックス」 この写真のプリント柄は、色や素材、柄の大きさなどが変わっても、すべて一つのヒョウ柄です。一つの同じ柄を、アイテムによってまったく異なった印象にすることができます。
 
Cimg06991  フワッと軽くしなやかな風合いを追求した無地グループ。



 
Cimg06981  テクノフィットVM : ポリエステル割繊糸を使い超高密度に織った織物なので、コーティングなどの加工をせずに、100%の透湿防水効果を発揮できる加工。

|

« シェニールハンカチのシーズングリーティング | トップページ | 老化は正常―その光と影 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セーレン2013/14秋冬マテリアルショー:

« シェニールハンカチのシーズングリーティング | トップページ | 老化は正常―その光と影 »