« 高齢者施設は住環境を極端に変えない在り方で | トップページ | 職人ファクトリーのテキスタイルをホームファッションに »

2012年11月18日 (日)

「ノン・モスキート」みどりのカーテンで節電生活

 今回のインテリアトレンドショー「ジャパンテックス2012」で、「これはいいな!」と思ったのが、山越(さんえつ)の「ノン・モスキート」みどりのカーテンです。夏になると人一倍、蚊に刺されやすいと自認しておりますので、「蚊が寄り付きにくい」の一言に惹きつけられました。
 Cimg01981_2 ごく普通の白いチュールレースのカーテンに、蚊の嫌がる除虫菊の成分が糸に練り込まれていて、その上にはみどりの葉がふさふさと生い茂っています。これはガラス窓の外側に取り付ける用途のカーテン、「ガーデンカーテン」です。

  これを付ければ、一般のレースカーテンよりも約6倍の遮熱効果があり、何もない状態よりも約9度室温を下げることができ、夏の4か月で約155円の電気代を節約するといいます。
  Cimg02001_2
 偶然いらっしゃった同社山中社長にお話しを伺うと、みどりは、「ぶどう」の葉を模したフェイクグリーンで、ポリエステルのポンジーという超緻密な織物でつくられているとのこと。耐久性があって、常に常緑を保つ素材です。原糸メーカーで暮らしの進化系を目指す同社らしい新提案です。
 大震災後、省エネが求められて、夏場は涼しく過ごせるようにとゴーヤのようなつる性の植物栽培が推奨されていますが、この生垣ならフェイクなので、カーテンのように開閉自在。実はこの開閉機能で実用新案を取得したとのことでした。

 昨夏発売以来、既に1,000セット以上販売したという人気商品です。木漏れ日がもたらす陰翳が涼しげですし、何よりも蚊が来ないというというのがいいですね。

|

« 高齢者施設は住環境を極端に変えない在り方で | トップページ | 職人ファクトリーのテキスタイルをホームファッションに »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/56159308

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノン・モスキート」みどりのカーテンで節電生活:

« 高齢者施設は住環境を極端に変えない在り方で | トップページ | 職人ファクトリーのテキスタイルをホームファッションに »