« 「ノン・モスキート」みどりのカーテンで節電生活 | トップページ | ジュール・ヴェルヌの空想を実現したナントの遊園地 »

2012年11月19日 (月)

職人ファクトリーのテキスタイルをホームファッションに

 

Cimg02061 静岡県浜松市一帯は日本有数の綿織物の産地です。この産地を代表する遠州織物工業協同組合が、「ジャパンテックス2012」に出展し、日本の伝統的な普段着、作務衣や、また祭礼用半纏などを出品して、ホームファッション分野で販路を開拓する活動をされていました。
 素材も柿渋墨染めや絞り染めなど、熟練した職人の手仕事の技を現代に生かしたものが中心です。
 

 このインテリアトレンドショーを始めギフトショーにも、数年前から出展されているとのことで、実績も上がっている様子です。織布メーカーもテキスタイルだけではなく、このように製品を提案していかないと生き残れない時代になりました。

|

« 「ノン・モスキート」みどりのカーテンで節電生活 | トップページ | ジュール・ヴェルヌの空想を実現したナントの遊園地 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/56161310

この記事へのトラックバック一覧です: 職人ファクトリーのテキスタイルをホームファッションに:

« 「ノン・モスキート」みどりのカーテンで節電生活 | トップページ | ジュール・ヴェルヌの空想を実現したナントの遊園地 »