« アクセサリーつくりにチャレンジ! | トップページ | シニアに理想の無縫製ニットをオーダーで »

2012年11月29日 (木)

ジーンズ史から加工体験まで楽しめる児島ジーンズミュージアム

 Cimg05231 先日、岡山県児島の倉敷ファッションセンターからの帰りがけ、タクシーで10分ほどのベティスミス ジーンズミュージアムを訪れました。

 児島は、全国学生服の約7割を生産する「繊維の町」であると同時に、国産ジーンズ発祥の地でもあります。1960年代に国内で最初にジーンズの生産を手がけたのが、この児島地区でした。

 Cimg04851 ミュージアムは、西部劇の舞台に出てきそうなログハウス風のつくりで、可愛いベティちゃん人形が出迎えてくれました。玄関を入ると、正面に、「リーバイス501XX」の原型がガラスに収められ、ライトで照らされ展示されています。これはリーバイス社から提供されたジーンズで、まだベルトループやファスナーなどはなく、代わりにボタンが付いています。100年以上前に労働者のためにつくられたパンツを再現したものだとか。 その横には、デニム等の厚地を三ツ巻縫いする二本針のミシンが置かれていて、約70年前に製造され10年ほど前まで使用されていた、といいます。
Cimg04941_3

 カウボーイスタイルの展示風景。
 
 


 Cimg04921_2 二階はオーダージーンズコーナーで、様々な型がディスプレーされています。生地からすべて選んで3万円くらいで、仕立てられるとのことです。
 
 
 Cimg05001jpg その裏手には体験工場があり、リベット打ちや色落ち加工、ラインストーンの装飾、またボタン付け替えや皮パッチ交換、さらにペイント加工、ひげ加工など、手ごろな価格でジーンズをリメイクすることができます。Cimg05011 手持ちのジーンズを世界にひとつだけのジーンズに作り替えられるとあって、とくに観光客に人気スポットとなっている様子でした。


 ジーンズの歴史から加工体験まで、一挙に楽しめるなんて本当にユニーク。ジーンズ好きにはぜひ訪ねてほしいミュージアムです。
 
Cimg05271  最後に、「児島ジーンズストリート」にも行ってみました。シャッターストリートの再生を目指して、地場ジーンズメーカーの販売店が集積されている商店街ですが、夕方のせいか閑散としていました。藍布屋(らんぷや:RAMPUYA)など、藍染め体験のできるお店があります。

|

« アクセサリーつくりにチャレンジ! | トップページ | シニアに理想の無縫製ニットをオーダーで »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジーンズ史から加工体験まで楽しめる児島ジーンズミュージアム:

« アクセサリーつくりにチャレンジ! | トップページ | シニアに理想の無縫製ニットをオーダーで »