« アスリートの高機能3D SOX | トップページ | 2013/14秋冬「プレミアム・テキスタイル・ジャパン(PTJ)」 »

2012年11月23日 (金)

東日本復興支援「J Factory」(ジェイファクトリー)

 国内最大の繊維総合展「JFWジャパン・クリエーション2013」が、20-21日、320社が参加して、東京国際フォーラムで開催されました。中でも話題となったのは、東日本復興支援「J Factory」(ジェイファクトリー)のコーナーです。初めて設置されたこのコーナーには、ファクトリーゾーン(縫製工場やニッター14社)とテキスタイルゾーン(織布メーカー11社)の二つのゾーンがあり、いずれも日本独自の技術を発信して、世界に負けない日本製の素晴らしさを披露、たくさんの人で賑わっていました。(写真:クリックで拡大)

 <ファクトリーゾーン>
 Cimg03971 東北地方には縫製工場が多く、岩手モリヤや三和ドレスなど究極の優れたモノづくりのできるファクトリーブランドが集まっています。福島県の永山産業では、3.11大震災後、中国人留学生は一人もいなくなり、日本人の雇用が生まれて、今では従業員の平均年齢は25歳。「中国でできないことを日本でやる。オリジナルは日本でしか作れません。」といいます。

 とくに興味深いブースを紹介します。
○極細モヘアニット
 Cimg04041jpg ミッシェル・オバマ大統領夫人が着用したカーディガンのモヘア糸をつくったメーカー、山形の佐藤繊維。ピッティ・フィラティに出展するなど、海外を視野に入れたグローバルカンパニーとして急成長しています。

○サメ皮
 Cimg04061pg 月4~5,000本のジーンズを国内はもとよりヨーロッパなど世界60カ国へ出荷しているパンツ専門の製造業者が、宮城県気仙沼のオイカワデニムです。気仙沼といえば蒲鉾やフカヒレの産地でもあります。震災で被害を受けた地域が元気になるように、捨てられていたサメの皮をなめした皮革製品に取り組まれています。バッグやデニムのラベルによさそうです。

○福島プライド・オブ・シルク
 従来の絹糸に伸縮性とバルキー性を持たせた絹の特殊加工糸「中空シルク」を発表。福島で特許をもっている素材で、軽く清涼感があり、ニット用に好評とのこと。
 
 <テキスタイルゾーン>
○ツィード
 岩手県花巻は明治時代から緬羊飼育が承継されてきた日本で唯一の町。その原料をできる限りテンションをかけないで、手紡ぎ手織りのナチュラルな風合いに仕上がるよう、量産しているのが、日本ホームスパンです。縮絨させてもペタッとならないよう、ふくらみ感を持たせると、自然のストレッチ性が出せるといいます。
 何とシャネル社のシャネルスーツには同社製のものが数多く使われているとのことです。
 Cimg03281jpg_2
 来シーズン人気のスラブヤーン使いのツイード。シルクのかすり染めテープが織り込まれています。ウール72/シルク19/カシミア1。
 

○ジャカード
 2013/14秋冬シーズンは、ジャカードが有力とみられています。山形県米沢の安部吉では、シルクを中心に天然繊維から化合繊複合まで、またふくれラメジャカードのファンシーなものからブラックフォーマル向けまで、様々なジャカードを提案し、注目されます。 Cimg03371
 
 ラメ入りスターチェック、ポリエステル65/コットン10/レーヨン24/ナイロン1。

|

« アスリートの高機能3D SOX | トップページ | 2013/14秋冬「プレミアム・テキスタイル・ジャパン(PTJ)」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本復興支援「J Factory」(ジェイファクトリー):

« アスリートの高機能3D SOX | トップページ | 2013/14秋冬「プレミアム・テキスタイル・ジャパン(PTJ)」 »