« 特別展「維新の洋画家―川村清雄」 | トップページ | 「鷺森アグリとSUMIDAのファクトリー」展 »

2012年10月14日 (日)

栃尾産地から「織り成す」発信

 Cimg94261 このほど新潟県栃尾産地の2013/14秋冬素材を発表する展示会(栃尾織物工業協同組合主催)が、東京・表参道で開催されました。「織り成す」を合言葉に、織物10社、ニット2社が出展し、総数828点の生地サンプルが出品されました。

化合繊・天然繊維の新複合やストレッチを中心に、先染めを得意とする産地で、今シーズンは「追求」がテーマ。昨年のテーマ「一息つこう」から改めて服地づくりを追求する、意欲的な取り組みが見られます。

中でも目に付いたのは、加工に加工を重ねた表面効果のあるもの。伝統的な先染めにオーバープリントや、リップル効果、光るものなど、それらを組み合わせて、従来あるものを一新させた素材です。(写真:クリックで拡大)

Cimg94311_2
 タータンチェックにオーバープリント。光る銀の顔料プリントをプラス。
C68Ny29Pu3 (渡健)



 Cimg94331_6 リップル加工のグレンチェック。  
C98Pu3 (渡健)

 
 

 Cimg94371_4 立体感のあるふくらみに優しい温もりを感じる丸編みニット。W100 (栃尾ニット)

|

« 特別展「維新の洋画家―川村清雄」 | トップページ | 「鷺森アグリとSUMIDAのファクトリー」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃尾産地から「織り成す」発信:

« 特別展「維新の洋画家―川村清雄」 | トップページ | 「鷺森アグリとSUMIDAのファクトリー」展 »