« 工芸美の極致を究めるヤコブ・シュレイフファー | トップページ | 2013春夏トクコ・プルミエヴォル―「モーリシャス」から大人のファンタジー »

2012年10月26日 (金)

使って楽しいデザイン「アッシュ・コンセプト」

 先週、東京ビッグサイトで開催されたインテリアライフスタイル・リビングで目についたのが、「アッシュ・コンセプト(h concept)」。これは、2002年にデザイナー応援として立ち上げた「+d(プラス・ディー)」に、東京・墨田区ものづくりコラボレーションから生まれた8ブランドとの合同ブースです。
 ここで見つけた、使って楽しいデザインプロダクツを3点、ご紹介します。いずれも生活に楽しさや喜びを感じさせてくれるモノばかり。こういうモノこそ、ユニバーサルデザインではないでしょうか。機能だけではなく、楽しさや面白さ、おしゃれなデザイン性が備わっています。
Cimg96681_3  キャンディスプーン「+d(プラス・ディー)」
  カラフルなキャンディ型スプーン。キャンディ? いえ、これはスプーンなのです。これだったら、何でも甘く美味しくいただけそうです。

Cimg96641  アニマルラバー「マルサバルーン」
 子豚の形をした可愛い風船。触った感じがグニョッとやわらかくて癒されます。風船はもう子どものみならず、大人も楽しめます。100%天然ゴムで、昔ながらの手作り製法とのこと。


Cimg96881  ボーダースポンジ「テラモト」  
 波型の凹凸がお皿のフチなどにフィットして汚れを落とす食器洗い用スポンジ。アクセントカラーがキッチンを楽しくしてくれそうです。

|

« 工芸美の極致を究めるヤコブ・シュレイフファー | トップページ | 2013春夏トクコ・プルミエヴォル―「モーリシャス」から大人のファンタジー »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/55974477

この記事へのトラックバック一覧です: 使って楽しいデザイン「アッシュ・コンセプト」:

« 工芸美の極致を究めるヤコブ・シュレイフファー | トップページ | 2013春夏トクコ・プルミエヴォル―「モーリシャス」から大人のファンタジー »