« 「純化」プリスティン来春夏もの展示会 | トップページ | 鎌倉の秋を感じる海蔵寺 »

2012年10月 7日 (日)

テキスタイルネット合同展に見る2013春夏テキスタイル

 生地やアパレル副資材の仕入れサイト、テキスタイルネットが今回初めて単独で合同展を東京・原宿で開催。12社が出展し2013春夏テキスタイルを発表しました。全体に春夏らしいコットンやコットンのバリエーションが多くみられました。
 
Cimg93261_2三政テキスタイル
 高級綿使いのシャツ地を扱い、160双から200双の超細番手糸使いまで出品。人気は70単のストライプとのこと。メンズのドレスシャツ向けが中心かと思っていましたら、客層はレディスの方が多く、レディス6に対してメンズ4の割合だそう。

Cimg93321_4ダックテキスタイル
 ジーンズテキスタイルの専門メーカーで、デニム生地が中心。ソフトで伸びるストレッチデニムが圧倒的人気で、カラーもオレンジやグリーンなど明るい色揃えが新鮮。またシャツ地向けのシルキーなタッチの薄地シャンブレー(写真)、スーピマ綿100のものが好評とのこと。

Cimg93361_2シャルト
 シャツ、ブラウス用の生地を製造販売し、綿の先染、無地が中心。かつて東京・堀留にあったシャツ地コンバーターの猪股が元とお聞きし、親しみを感じました。きれい目カジュアル狙いの、80双から100双のシャツ地が人気で、とくに売れているのがダンガリージャカードやオックスジャカード。セルビッチも多い。

Cimg93381_2宇仁繊維
 ふくれジャカードやレースが好評。光るラメ入りなど綿混のファンシーなものも多い。キモノ柄をプリントしたちりめん地で小物(写真)をつくり、前面にディスプレーしたためか、和柄地も大人気だったとのこと。

Cimg93411_2伊吹
 人目を引くのが、京都産地らしいブライトカラーの大胆な花や果物柄のインクジェットプリント、綿100のもの。また水玉とチェックのリバーシブル、綿80/リネン20や、リネン100の水玉プリントも人気。またオパール加工やレース。さらにエプロン用という抽象的な幾何柄プリント地も。

丸紅テックス
 綿タイプのニット生地が主体。コンピュータージャカードのボーダー、シャーリングやリップル、ラメ入りのものなど、複雑な編成のものが好評だったといいます。

 

|

« 「純化」プリスティン来春夏もの展示会 | トップページ | 鎌倉の秋を感じる海蔵寺 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/55826109

この記事へのトラックバック一覧です: テキスタイルネット合同展に見る2013春夏テキスタイル:

« 「純化」プリスティン来春夏もの展示会 | トップページ | 鎌倉の秋を感じる海蔵寺 »