« アートの要素を採り入れたファッション広がる | トップページ | ヨーロッパ出張で最大の話題は日本企業のPVアワード受賞 »

2012年9月17日 (月)

ルイ・ヴィトン×草間彌生の陰に

 ロンドンではセルフリッジ百貨店に立ち寄ったところ、Cimg8676selfrige1_2 正面玄関の頭上に草間彌生の巨大な像が立っていてびっくり!  もちろんショーウインドーもすべてルイ・ヴィトン×草間彌生のコラボづくしでした。
 

 そして今、パリのオープランタン百貨店では、ルイ・ヴィトン×草間彌生のポップアップストアがオープンしていて、にぎわっています。Cimg8769printemp1_2 シャンゼリゼ本店では当前のことですが、この水玉のデザインを全面的に打ち出し、地下鉄などあちこちでポスターも目につきます。
 
 

 ところが、最近パリ巷間で騒がれているのが、またしてもルイ・ヴィトンLVMHオーナー、ベルナール・アルノー氏の話題です。アルノー氏がベルギー国籍を申請したことについて、左派が税金逃れと非難の声をあげているのです。キオスクの看板広告で「Pourquoi ce riche trahit la France? 何故金持ちはフランスを裏切るのか!」と同氏を写真入りで大々的に取り上げていて驚きました。
 ルイ・ヴィトン×草間彌生の華やかなイメージが広がるその陰で、フランスの失業者は300万人に達し、今後は低所得者層への所得税も上がるのではないかと報じられています。今日の午前中、電車のストライキがあって困りましたが、これからまたフランスはストライキの季節が始まるのかと思いました。
 貧富の差がますます広がっていることを感じさせられます。

|

« アートの要素を採り入れたファッション広がる | トップページ | ヨーロッパ出張で最大の話題は日本企業のPVアワード受賞 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/55708613

この記事へのトラックバック一覧です: ルイ・ヴィトン×草間彌生の陰に:

« アートの要素を採り入れたファッション広がる | トップページ | ヨーロッパ出張で最大の話題は日本企業のPVアワード受賞 »