« バッグ屋へ生地屋から転身 | トップページ | コルクルーム 夏のパーティ »

2012年8月 1日 (水)

「南部炭染」で嫌な臭いをカット

汗や靴下の臭い、加齢臭……。日本人ほど臭気に敏感な民族は他にはないのではないでしょうか。猛暑の夏は、臭いがよりきつく感じられこともあり、消臭グッズが売り上げを伸ばしています。しかしその多くは化学的な成分や加工によってつくられています。

こうした中で注目されているのが、環境にやさしい木炭の消臭効果です。木炭には黒炭と白炭がありますが、黒炭は消臭試験で、99%以上の消臭効果があることが実証されたということです。
 そこで開発されたのが「南部炭染」。岩手県盛岡市のシーレック が、岩手発の新ブランドとして2005年に立ち上げ、ショールや靴下などの小物やドレス、シャツなど様々な商品を企画・販売しています。

実は昨日、同社東京オフィスで営業広報の阿部博美さんに再会、マネージャーの新垣一彦さんにもお会いしてきました。お話によると「岩手県は木炭の生産量日本一。その木炭の炭液で染めたものなので、炭の特性が生きていて、消臭効果はもちろん、遠赤外線効果もあってぽかぽか暖かく、ウォームビズにもぴったり」とのこと。

炭染はすべて手作業で行われるそうで、そのやさしい色合いは、日本の自然を感じさせます。素材は綿やシルク、ウールなど天然繊維が中心。

「南部炭染」は、臭いが気になるという人だけではなく、すべての人にとって朗報となるでしょう。


Cimg75561

「南部炭染」製品を手に、阿部博美さん(右)と新垣一彦さん(左)

|

« バッグ屋へ生地屋から転身 | トップページ | コルクルーム 夏のパーティ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「南部炭染」で嫌な臭いをカット:

« バッグ屋へ生地屋から転身 | トップページ | コルクルーム 夏のパーティ »